ヨガ教室で着る服装はどうすればいいのか

ヨガ教室に通うにはそれに適した服装を選ぶ必要があります。

具体的にはヨガウェアがそれに相当するでしょう。ではヨガウェアとは一体どういった服装なのでしょうか。ヨガウェアとは「ヨガするのに適した服装」を意味する用語です。

これは言葉遊びではなく本当のことです。実はヨガウェアには厳密に「こうでなくてはならない」「こういうものである」という定義がないのです。

そのためブランドによって販売しているヨガウェアは千差万別で「身体を締め付ける」「ゆったりとした着心地」といった全く正反対の性質の服が同じカテゴリーで販売されています。では「ヨガウェア」として販売されている服をヨガ教室用に購入するとして、多種多様なデザインの中からどれを選べばいいのでしょうか。

それは利用するヨガ教室の方向性によって決まります。リラックス系のヨガではゆったりとしたものを、エクササイズ系のヨガでは動きやすいものを選びましょう。

ホットヨガでは吸汗速乾素材を使ったものが適しています。ヨガ教室での服装は基本的に自由ですが例外が1つだけあります。ビグラムヨガ系の教室に通う時は緑色の服装を避けましょう。

これは創始者のビクラム・チョードリーが師匠のために緑のものを遠ざけたことへ敬意を表して、自分たちもヨガの間は緑色を避ける伝統があるからです。教室によっては細かいことを言わずOKする場合もあるでしょうがマナーを守っておくにこしたことはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *